145

十勝

北村林業女子部

チャレンジ精神旺盛な「林業女子」が現場で活躍!

北村林業株式会社(浦幌町)で林業作業員として働く女性たちで結成。林業の楽しいところやきついところなど普段の姿をインスタグラムで発信するほか、若者の林業就労促進に向けたイベントに積極的に参加するなど、十勝管内の林業女子のパイオニアとして活躍。

※写真:(左から)土田瑞恵さん、伊藤涼香さん、岡島春萌さん、大西紗椰さん

印刷用PDF
Warning: Use of undefined constant caption - assumed 'caption' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c6389710/public_html/l-north.jp/katsuyaku/manager/wp-content/themes/custom/single-message.php on line 75

きっかけ
 土田さんは、体を動かすことやキャンプ等のアウトドアが好きだったので、自然の中で体を動かす仕事がしたいと思っていました。大西さんは、高校の修学旅行で京都府の北山杉を見た時、まっすぐでとてもきれいだったことに感動し林業に関わる仕事をやってみたいと思うようになりました。岡島さんと伊藤さんは、高校で林業を学んでいて実習が楽しかったので、林業分野での就職を決めました。実際に働いてみると、年配の男性が多い職場でやっていけるか不安もありましたが、先輩方は優しく長い目で見て仕事を教えてくれるので、チャレンジしてみて良かったと思っています。
苦労
 力仕事がメインなので、体力面が一番大変です。筋力も必要で、重い物を持ちながら山の中を歩いて作業することが多く、女性の力では周囲について行くのが必死です。就職して1年目は、体の色々な所が痛くなり、続けていって大丈夫なのかと悩みました。また、重機に乗って作業するときは、様々なボタンや部品の名前を覚えるのも苦労しますし、自分の前後で作業をする人がやりやすいように考えながら動くことを心がけています。あと、早朝6時に出勤するので、早起きが大変です(笑)。
満足度
 弊社では、主に造林と造材の2つのチームに分かれています。造林は、木材となる木を育てる仕事で、苗木を植え、雑草や不要な樹木を刈り取り、森を育んでいきます。まっさらな土地に苗木を植え付けしたとき、苗木がきれいに並んで景色がガラリと変わることが一番嬉しいです。造材は、木を切って暮らしの中で使われる木材を作る仕事で、木材を同じ長さに切り揃える「玉切り」では、切りくずの量を見て一日の成果がすぐにわかるので、達成感を味わえます。同じ作業でも自分なりのやり方を見つけて、うまくできるようになることにもやりがいを感じています。
これから
 これまでは、伐採後の土地に散らばった枝葉を片付けたり雑草を刈ったりする「地ごしらえ」や、苗木を植えた後の数年間、生育の妨げになる雑草を刈り取る「下刈り」など、主に造林に変わる仕事をしてきましたが、これからは造材の仕事もやってみたいと思っています。機械にも乗ってみたいし、機械作業もどんどん覚えていきたいです。将来的には、造林と造材の両方の人力作業、機械作業を一人前にこなせるようになることが目標です。「女性だから…」と遠慮せず、どんなことでも自分から積極的に取り組んでいきたいと思っています。
  • 北村林業さんイメージ1
  • 北村林業さんイメージ2

北の☆女性たちへのメッセージ

やってみたいことや気になることがあれば、まず挑戦してみてください。何事も積極的に取り組んで、色んなことにチャレンジしてみましょう。林業の仕事は、やる気、根性があればできる仕事だと思うので、興味があれば思い切って飛び込んでみてください。一緒に頑張りましょう。

取材年月日:
2019年3月7日