性別役割分担意識やアンコンシャスバイアス(性別による無意識の思い込み)により、災害対応や防災の現場にリーダーとして参画する女性が少ない現状があります。
 女性の視点から必要な知識を共有し、災害対応や防災への意識を高めることを目的にワークショップを開催し、女性や子どもたちの視点に立った備えや避難所運営について、専門家と一緒に考えます。

 

~こんなことに興味がある方へ~
○避難所運営ってどんなことが必要なの?
○避難所運営責任者に女性が少ない影響は?
○女性ならではの備蓄や防災グッズは?
○気象予報士の仕事って?

 

【基調講演】
「女性や子ども視点の避難所運営」
・講師 住友静恵 氏

(北海道防災教育アドバイザー・気象防災アドバイザー・気象予報士・北海道防災会議委員) 

【ワークショップ】
「避難所運営を体験してみよう」 (大人用)
・講師 住友静恵 氏
・「防災かるたづくり体験」 (小学生用) 
 進行 佐々木夏美 氏(苫小牧ケーブルテレビアナウンサー)

【日程】
 令和5年(2023年)7月31日(月)10:00~12:00
【会場】
 沼ノ端交流センター(苫小牧市北栄町3-3-3)
【定員】
 先着30名(子ども同伴可)

【申込期限】
 令和5年(2023年)7月20日(木)23日(日)(ご好評につき申込み期限の延長を行いました。)
【申込方法】
 次のURLから申込フォームにアクセスしてください。
 https://forms.gle/EMnh8wALf28VFmoG8
 お申し込みに関する問い合わせは、株式会社クナウパブリッシング(担当:西村)へ TEL.080-9619-4983

【チラシ】

<女性のための災害対応ワークショップチラシ>